神戸市内のスマートシティの取り組み

防災チャットボットを活用した『消防団スマート情報システム』の運用

1つ星 25

 地震や豪雨などの災害発生時、消防団員が「LINE(ライン)」を活用して災害現場で把握した災害情報をリアルタイムで共有化できる「消防団スマート情報システム」の運用が開始されています。災害発生時には、事前に登録した消防団員に、防災チャットボットより災害状況を報告するようメッセージが送られ、消防団員は、自らの位置情報と災害状況写真、文章を送信します。送られた情報はAI(人工知能)により集約され、アプリの地図上で、消防本部や消防団員が一覧できる仕組みです。このシステムにより早期に災害の全体像を把握でき効率的な災害活動に活かせるとともに、災害現場の最前線で活動する消防団員の安全管理に活用できます。