神戸市内のスマートシティの取り組み

Cube Earth技術を利用した大量データ受発信による観光誘客・災害復興への応用

1つ星 1

株式会社ジャパックス

 「Cube Earth技術」とはIoTやデータ解析で地理情報を扱いやすくするために地球全体を20m角の立方体で(Cube)でメッシュ化、さらに個々のCubeに固有のアドレスを付加することでCubeごとに様々な情報のインプットが可能になります。
 3次元データを用いることで、1次元や2次元では得ることができなかった動態分析を行ったり、情報提供を行うことができます。
  この技術を活用し災害を想定して、様々な防災情報を位置に合わせてリアルタイムで取得、提供することで、安全で適切な避難誘導の検証を行います。