神戸市内のスマートシティの取り組み

RPAツールを⽤いた業務⾃動化プロジェクト

1つ星 1

 RPAとは、ロボティックプロセスオートメーションのことで、ソフトウェアロボットに指示を与え、人が行うパソコン上のマウスやキーボードの動作を自動化することができるツールです。定型的な業務を自動化して効率化することができます。
 教職員約8,000人の給与支給事務のうち通勤手当に関する事務については、紙で提出される通勤届を一枚ずつ手作業で不備がないか点検し、支給額を決定していたため、全作業時間の約25%に相当する約5,500時間の労力が費やされていました。この業務を効率化するために、「株式会社モンスター・ラボ」と協働し、業務を自動化・効率化するRPAソフトウェア「RAX EDITOR」を基に専用ツール「手当計算ロボット」を開発。実証実験の結果、最適経路の検索・判定を自動化することにより約1,900時間の業務を削減することができました。
 さらに今後『手当計算ロボット』の機能拡充により、作業の削減を年間2,350 時間(削減可能な業務の約90%)まで伸ばすことができる見込みとなりました。
 また他の手当に関する業務にも展開することで、さらに業務を削減できる可能性が期待されています。