令和2年度採択事業者の実証事業の結果報告について

神戸市では、最先端技術やデータを活用した実証事業を実施し、高度な市民サービスの創出・実装に取組むことを通じて、人間中心の目線で社会課題を解決する「Human×Smart」な都市づくりを目指しています。 「海」「山」「データ利活用」の3つをテーマとして、最先端技術やデータを有する事業者の市内での技術実証・実装を推進する「Be Smart KOBE」プロジェクトにおいて、選定した事業実施候補者5社(組)5事業において、本年度の実証事業を完了したために報告いたします。 今年度の実証事業の実施した上、各事業者の実証事業の内容や成果、課題についてそれぞれまとめています。
※下記の事業者をクリックするとPDF資料が開きます。

 

事業者名

実証内容


事業名

Withコロナ/Afterコロナにおける 高い利便性と安心・安全な街づくり


事業名

観光資源と医療先端都市の強みを活かした地域活性化推進


事業名

水中180度天球カメラを活用した養殖現場のIoT化


事業名

LINEでのAIボットを活用した観光客の利便性向上と観光客行動分析データの取得


事業名

歩容解析AI等を用いた次世代予防・健康づくり事業